日本のピラミッド
ピラミッド説の酒井勝軍とはー?
昭和初期、「日本ピラミッド説」を提唱し、全国にピラミッド探査を展開した人物が「酒井勝軍(かつとき)」である。
キリスト教の牧師で、キリスト教の歴史を研究していた彼は、古代ユダヤ、エジプトのピラミッドへと研究していき、古代ユダヤ民族と日本の天皇に秘められた関係があることを直感、日本の超古代史へと進んでいく。

その結果、ピラミッドが、古代の日本で発祥したものであることを確信し、日本全国にピラミッド探査を開始。
昭和9年、広島で葦嶽山(あしたけやま)を発見した。

この葦嶽山には、数々の巨石遺構が残っており、発掘調査の結果、2万3千年前、神武天皇以前のウガヤ王朝の時代に建造された、ピラミッドであると断定した。

この葦嶽山の存在を裏付ける、古文書が存在した。それが「竹内文献」である。
すなわち、竹内文献の中の、御神宝と呼ばれる機器類の中にあった、御神体石に神代文字で、次のように書かれていた。

年イヤヨ月円(まど)六日詔して
吉備津根本国に
大綱手彦天皇霊廟
亦名メシヤ、
日の神月の神、
造主神日来神宮

この最後の一節の「日来神宮 」=ヒラミット、つまり、ピラミッド。
(イヤヨ月円六日とは、3月16日のこと。月間30日を三つに分け、1日から10日までを立、11日から20日までを円、21日から30日までを篭と呼んで区別したという)

文献に依ればー、
吉備津根本国とは、備前・備後であり、大綱手彦は、不合朝第十二代天皇の叔父に当たる。そしてこの、十二代天皇の名前が、弥広殿作天皇と云う。
ヤヒロドノー、古事記に登場した、ヤヒロドノという建造物は、今もってどんな建物を意味するのか不明ですが、竹内文献は、それが日来神宮、つまり、ピラミッドの事だとだと云う。
この天皇の在位が、約二万二千年前、それが、酒井のパレスチナ・エジプトでの調査結果とも、おおよそ一致した。

昭和9年の葦嶽山の発見以降、日本のあちこちでピラミッドと目される山が発見されていく。

昭和5年以来、竹内文献へは政府の弾圧が加えられており、酒井もまた、官憲に眼をつけられ、いろいろな妨害を受ける。 しかし彼は、弾圧がもっとも強烈になった昭和11年、「神秘の日本」という雑誌を発刊し、日本の超古代史の研究に取り組んでいく。

彼の求めたのは、神武天皇以前の歴史の開示。
日本に、神武天皇以前から長い歴史が存在した、ということの物的実証だった。
しかし、「物」として残っているものは、何もない。 そこで彼が眼をつけたのがピラミッド、すなわち、巨石遺構であった。石なら長い年月に耐え、残っているものと考えたのである。
事実、彼の言うとおり、日本には説明のつかない、謎とされたままの巨石遺構がたくさん残っている。

その上に、彼自身がイスラエルで研究してきたピラミッドだった。
ピラミッドの発祥が、大古の日本に関係していると考えて、ピラミッド探査を続けていく。
「神秘の日本」の読者から、続々と集まる情報には、たしかに、日本の古代に、文明が存在したことを推測させる様々な巨石遺構の存在があったのである。

ピラミッド
目次にもどる