ロボットエンジンカウンター
<!--muryoutouroku.com start-->
<SCRIPT language="javascript" src="http://www.googlecounter.com/gcount.js"></SCRIPT>
<!--muryoutouroku.com end-->


ページに背景をつける

<Body Background="画像のURL">

背景の固定化

<head>〜</head>内に入れてね!

<STYLE type="text/css">
<!--
body{background:url(背景画像のURL);
background-attachment:fixed;}
-->
</STYLE>

背景が透ける


タグをテーブル内に入れればOK

style="background-color:#背景色; filter:Alpha(opacity=数字透明度);"

●画像を時間別に変える


<head>〜</head>内に

<script language="JavaScript">
<!--
img = new Array(24);
img[0]="0時の画像URL";
img[1]="1時の画像URL";
img[2]="2時の画像URL";
img[3]="3時の画像URL";
img[4]="4時の画像URL";
img[5]="5時の画像URL";
img[6]="6時の画像URL";
img[7]="7時の画像URL";
img[8]="8時の画像URL";
img[9]="9時の画像URL";
img[10]="10時の画像URL";
img[11]="11時の画像URL";
img[12]="12時の画像URL";
img[13]="13時の画像URL";
img[14]="14時の画像URL";
img[15]="15時の画像URL";
img[16]="16時の画像URL";
img[17]="17時の画像URL";
img[18]="18時の画像URL";
img[19]="19時の画像URL";
img[20]="20時の画像URL";
img[21]="21時の画像URL";
img[22]="22時の画像URL";
img[23]="23時の画像URL";

function image(){
date=new Date();
hour=date.getHours();
document.write("<img src=\""+img[hour]+"\">");
}
// -->
</script>
<body>内に
<script language="JavaScript">
<!--
image();
// -->
</script>

●画像を毎日別に変える

<head>〜</head>内に

<head>内に入れるスクリプトの
 ('<img src="./img/' + day + '.gif">')
 という所で、
 
./img/というのがimgというフォルダを指します。
 ですから、このスクリプトを使うhtmlファイルと同じフォルダ内に
 imgというフォルダを作り、その中に画像を入れて下さい。
 フォルダを別の名前に変えたい場合は、(フォルダ名をimgeにした場合)
 ./img/を./imge/の様にフォルダと同じ名前に書き換えて下さい。

 .gifというのは画像の拡張子を指しています。
 gif画像ではなくjpgやpngにしたい場合は
 .gifの部分を.jpgや.pngに書き換えて下さい。

 画像の名前は1〜31の数字を入れて下さい。
 例えば1日に表示する画像は1.gifにして下さい。
<script language="JavaScript">
<!--
function everyday(){
xx = new Date();
day = xx.getDate();
document.write('<img src="./img/' + day + '.gif">');
}
// -->
</script>
<body>内に
<script language="JavaScript">
<!--
everyday();
// -->
</script>

●画像を曜日別に変える


<script language="JavaScript">
<!--
img = new Array(7);
img[0]="日曜日の画像URL";
img[1]="月曜日の画像URL";
img[2]="火曜日の画像URL";
img[3]="水曜日の画像URL";
img[4]="木曜日の画像URL";
img[5]="金曜日の画像URL";
img[6]="土曜日の画像URL";
img = new Date();
document.write('<img src="'+ img[img.getHours()] +'">');
// -->
</script>

●画像をランダムに表示する



ランダム画像を増やしたい場合は
 ranimg[4]="画像のURL";
 ranimg[5]="画像のURL";
 のように加えて、増やして下さい。

<script language="JavaScript">
<!--
ranimg = new Array();
ranimg[0]="画像のURL";
ranimg[1]="画像のURL";
ranimg[2]="画像のURL";
ranimg[3]="画像のURL";
xx = Math.floor(ranimg.length*Math.random());
ranimg = ranimg[Math.floor(xx)];
document.write('<img src="'+ ranimg +'">');
// -->
</script>
●ランダムリンク
<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY bgcolor="#ffffff">
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
// ランダムに画像を表示する
jmp = new Array();
img = new Array();
// ジャンプ先のアドレス(数字は画像と対応)
jmp[0] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/";
jmp[1] = "http://mmnn77.web.fc2.com/shop/denno/";
jmp[2] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/";
jmp[3] = "http://mmnn77.web.fc2.com/shop/denno/";
jmp[4] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/";
// 画像のアドレス(数字はジャンプ先のアドレスと対応)
img[0] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/keart/top01";
img[1] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/keart/top02";
img[2] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/keart/top03";
img[3] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/keart/mico05";
img[4] = "http://ikuno.lolipop.jp/ohno/keart/mico26";
n = Math.floor(Math.random()*jmp.length);
document.write("<a href='"+jmp[n]+"'>");
document.write("<img src='"+img[n]+"' border='0' >");
document.write("</a>");
//-->
</SCRIPT>
</BODY>
</HTML>
●背景固定タグ

<HEAD>の後に入れる

<style type="text/css">
<!-- body{background-image : ; background-repeat:no-repeat; background-attachment:fixed;} -->
</style>
●ページを自動でリンクする




<HTML>
<HEAD>
<TITLE>(タイトル)</TITLE>
<META
HTTP-EQUIV="REFRESH"
CONTENT = "待機秒数; URL=ファイル名"
>
</HEAD>
<BODY>(本文)</BODY>
</HTML>



(例)

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>いくのネット</TITLE>
<META
HTTP-EQUIV="REFRESH"
CONTENT = "
3; URL=http://ikuno.lolipop.jp/"
>
</HEAD>
<BODY>
3秒で自動リンクします</BODY>
</HTML>


文字がうかびあがるタグ <SCRIPT>
var tzrotatetot=1
var tzrtot2=tzrotatetot-1
var randtranz=Math.round(Math.random()*tzrtot2)+1
var tzrtcode=new Array()
tzrtcode[1]="progid:DXImageTransform.Microsoft.GradientWipe(duration=3, motion='reverse', gradientSize=1, wipestyle=1)"
var browsversion=0
if (navigator.appVersion.indexOf("MSIE")!=-1){
temp=navigator.appVersion.split("MSIE")
browsversion=parseFloat(temp[1])
}
if (browsversion>=5.5){
document.body.style.filter=tzrtcode[randtranz]
document.body.filters[0].apply();document.body.filters[0].play();
}
</SCRIPT>