作品名
折鶴を折る舞妓




作品名
海浜の幼女
アップ画像がアップします
元へもどります


太陽光に照らし出された
健康美を活写

成熟した和装女性の佇まいに表現の卓抜さを見せつける作者は、人工の光に照らされた室内の空間から一転して、まぶしい陽光にさらされて熱された砂浜を跳ねる幼女の健康的な姿を描いている。


同じ人物でありながらも舞妓のような女性表現と比較して、ニュアンスや気品や艶やかさのような曖昧なものよりも、もっとストレートで明快な表現が要求されるこのようなモチーフには、これまで既に高い評価を得ている人物把握の観察眼と技術の確かさに加えて、描く側も自然の光源がもたらす爽快で透明な空気の感触を皮膚感覚で認識していなければならない。

作者は振幅の大きな表現域をもっているので、対象に応じて、伸びやかなタッチを駆使して海浜で繰り広げられる幼い少女の嬉声もキャッチして筆に乗せ、これまでの純和風の完成された様式美の世界から脱却して新たな側面を見せている。
長谷川栄/評
芸術公論1997/9より引用
new
new
大野清絵画展 京都舞妓 油絵 京都 舞妓 画像 舞妓体験 舞妓変身 芸妓変身 京都 体験 和服 着物 浴衣 京都散策 散策 和服絵画 =先笄静笛/さっこうせいてき= 先笄(さっこう)とは、舞妓が20才をむかえて舞妓から芸妓になるときの最後の儀式を指すといいます。この絵は舞妓最後の儀式として笛を吹いている20才の舞妓さんを描いたものです。最後の髪型の先笄の正装で、感無量の笛を吹いて貰った」といいます。この作品は、20005年8月のタイ国王妃生誕72周年記念展に出品されました。鼓を打つ京の舞妓 京の舞妓の美は男の美学が作った美しさである。まったく生活臭を失わせた洗練のたたずまいは結髪から化粧、着こなしから言葉遣いに至るまでスキがない。この美学の権化に立ち向かった大野清の舞妓絵は、右に出ずるものがいないほど、また一段と冴えている。まさにお正月らしく、高らかに鼓の音が聴こえてくる。長谷川栄/評 ART GRAPH1996/1より引用 ☆この作品は、フランスのウィスキーL`ANS 2000DRAPPIER(CARTE D`OR社)のラベルに使用されました。市松人形を抱く舞妓 日本の情緒美を人物描写で追い求める大野清は、これまでにも舞妓の艶やかな表情を捉えた秀作を発表している。この作品は、視線を手に抱えた市松人形に落としてじっと見つめているが、自らの分身のように愛くるしい人形に対する舞妓の心情が繊細な筆致によって自然と伝わってくる。人物表現も、和装を身にまとっている場合、芸術解剖学的な人体の構造の把握が困難になる。 しかも、着物の柔らかな感触やボリュームの豊かさ、細やかな織りの質感の表情もしっかりと捉えられて描写されている。日本画独特の静謐な色遣いも情趣に華やかさを添えている。 完成度の高い作風をすでに確立している作者だが、さらにディテールの探求を極めて境地に到達しつつある。作品世界の充実に更なる期待がある。長谷川栄/評ART GRAPH1997/9より引用 海浜の幼女 成熟した和装女性の佇まいに表現の卓抜さを見せつける作者は、人工の光に照らされた室内の空間から一転して、まぶしい陽光にさらされて熱された砂浜を跳ねる幼女の健康的な姿を描いている。同じ人物でありながらも舞妓のような女性表現と比較して、ニュアンスや気品や艶やかさのような曖昧なものよりも、もっとストレートで明快な表現が要求されるこのようなモチーフには、これまで既に高い評価を得ている人物把握の観察眼と技術の確かさに加えて、描く側も自然の光源がもたらす爽快で透明な空気の感触を皮膚感覚で認識していなければならない。作者は振幅の大きな表現域をもっているので、対象に応じて、伸びやかなタッチを駆使して海浜で繰り広げられる幼い少女の嬉声もキャッチして筆に乗せ、これまでの純和風の完成された様式美の世界から脱却して新たな側面を見せている。
top