いくのネット  古代史BOOK 日本のピラミッド 神代の残像 

   



  販売の予告!
【基4巻②】

姫御陵の道標/
神秘の八幡神殿
市川 慎/A4版
本年3月から販売の予定!


◆姫路十四丘伝承から現われたホキ!
■六つの神社が一直線にー!
●卑弥呼の陵墓は存在するのか?
★三ツ星は天地をつなぐオリオン信仰…
 …古代日本人は何処から来たのか?
詳細はこちらで
 
   
●販売中!

【基4巻①】
序章編
八幡山ピラミッド
謎の三山配置
A5版320p 市川慎
プロローグ/改定保存版

八幡山の巨石遺構は、酒井勝軍(かつとき)の云う日本のピラミッドだった。
ピラミッドを記した竹内文献とは何か?
ピラミッド説の酒井勝軍(かつとき)とは何者なのか?
詳細は、こちらで
   
●販売中!

【基4巻③】
総集編
降臨以前の天孫たち

前編
市川 慎 A5版264P

古代史の全体像をつかむ…シュメールのキシュは最初に王権を授かった…九州地名に謎を解くカギがある!それは古代の王朝名だった!
古事記が何を隠していたのか?
日本とはどのように生まれた国だったのか?
壮大な歴史が浮かんできます

詳細は、こちらで

NEW⇒ 不思議の古代史/上古編
   古代、日本の天皇はエジプトから来た!
エジプト王朝の王の名は、日本の上古代天皇の名前に符合する……

※古代史を解く基礎知識
■阿吽とホキ
 ホキが理解できない者は、古代史は理解できない!……だが、歴史家のほとんどが知らない、だから、古事記が解けない。
  
 クリック⇒阿吽とホキ

■四神相応…、ご存じだろうか?
 北の玄武・南の朱雀・西の白虎・東の青竜と云えば…、アカデミーの知識だけではとても古代史は解けない。
クリック⇒四神相応の基礎知識
 


●公開しました。 神代の残像プロローグ版「八幡山はピラミッドか」

全編の公開⇒⇒⇒こちらから、ご覧になれます

⇒ページTOPへ