◇◇◇◇

コロポックル(アイヌ語: koropokkur)
アイヌの伝承に登場する小人。
アイヌ語で、一般的には「蕗の葉の下の人」という意味。
アイヌの小人伝説は広く北海道や南千島や樺太に流布しており、名称もこのコロポックル・コロボックルのほかに、トィチセウンクルやトィチセコッチャカムィやトンチ(これらはみな「竪穴に住む人」の意)などとも呼ばれる。

伝説
アイヌ人の小人伝説は北海道や南千島、樺太に広く流布し、地域差もあるが、大体次のようなものである。

アイヌがこの土地に住み始める前から、この土地にはコロポックルという種族が住んでいた。
彼らは背丈が低く、動きがすばやく、漁に巧みであった。また、屋根をフキの葉で葺いた竪穴に住んでいた。
彼らは情け深くアイヌに友好的で、鹿や魚などの獲物をアイヌの人々に贈ったり、アイヌの人々と物品の交換をしたりしていたが、姿を見せることを極端に嫌い、それらとのやりとりは、夜に窓などからこっそり差し入れるという形態だった。
あるとき、あるアイヌの若者がコロポックルの姿を見ようと贈り物を差し入れるを待ち伏せ、その手をつかんで屋内に引き入れてみたところ、美しい婦人のなりをしており、その手の甲には刺青があったという(なおアイヌの夫人のする刺青はこれにならったものであるといわれている)。

コロポックルは青年の無礼に激怒し、一族を挙げて北の海の彼方へと去ってしまい、以後、アイヌの人々はコロポックルの姿を見ることはなくなった。現在でも土地のあちこちに残る竪穴や地面を掘ると出てくる石器や土器は、彼らがかつてこの土地にいた名残りである。

この伝説中、地域によってたとえば「コロポックルは怠け者でアイヌが彼らに食べ物を与えていた」とか、「コロポックルの手にあった刺青は、捕らえたアイヌの人々が奪還を懼れて施したものであって、元来からアイヌの風習である」という風な変化が見られる。

十勝地方に残る伝説では、コロポックルはアイヌに迫害されたために土地を去ったといわれ、去り際に、アイヌに言った呪いの言葉、「トカップチ(水は枯れろ、魚は腐れの意)」が十勝の地名の由来とされる。

コロポックル論争
1886年、渡瀬庄三郎が『人類学会報告』創刊号にて札幌周辺に見られる竪穴住居の跡とみられるものがコロポックルの手によって作られたものであり、アイヌ人の前にコロポックルがかの地に居住していた証拠であるという旨の発表を行い、それに坪井正五郎が『人類学会報告』第9号にて大筋賛成という意見の表明を行った。
しかし、『人類学会報告』9号には、さらに白井光太郎による匿名での坪井への反論が掲載され、以降、小金井良精・浜田耕作・佐藤伝蔵・鳥居龍蔵・喜田貞吉など多くの研究家がこの議論に参加した。
結局、この論争は1913年、坪井がロシアのペテルスブルクで客死、コロポックル実在説が衰えるまで続く。
参照⇒アイヌ民族
詳細 new


ページTOPへ

不思議の古代史