不思議の古代史 古代史BOOK  ⇒日本のピラミッド  ⇒神代の残像  ⇒神代の残像神社編

=古代史を理解するための基礎知識=

日本に方言があることは誰でも知っています。
しかし、それが古代文書を読み解けない大きな要因であることが、アカデミー学者には分かっていません。
日本各地で編纂されている郡誌や県史には、当地の方言が記されていますが、文字で読んでも中々、ピンと来ない。
言葉は耳で聞いて始めて「!」となるものです。
下記は、TVの「月曜から夜ふかし」と云う番組内で、「方言」を取り上げた部分のVTRです。
方言のおかしな発音をからかったお笑いですが、この発音にこそ、古代史を解くヒントが隠されています。

下記は、TVの「月曜から夜ふかし」と云う番組内で「方言」を取り上げた部分のVTRです。
方言のおかしな発音をからかったお笑いですが、この発音にこそ、古代史を解くヒントが隠されています。


和歌山 だ行とざ行の区別がつかない

●岡山県 「だ→で」になる

茨城…「いばらき」?「いばらぎ」?

熊本県「ぜ→じぇ」岩手県「き→ち」東京編

鳥取弁VS京都弁VS土佐弁

さらに…、
八世紀頃の古文書に記された漢字が当て字であること…、これもアカデミーは理解していません。
ひとつの言葉が、上記のような方言で幾つもの言葉になり、さらに、それが別々の当て字で書かれている…、これが日本の古文書なのです。

■一例ですが…、
兵庫県西部にある地名です。

千種(ちぐさ)
宍粟(しそう
)
この二つは同じ地域にある地名です。これが、同じ地名だと分かりますか?
古文書には、この地域は「敷草」と書かれていたとあります。

※ヒントは、和歌山県の「タ行とザ行の区別がつかない」です。
そして、この地名から転じて、楠正成で有名な「千早村」地名が出来ています。
この変化を説明できますか。

これが理解できていくと、日本の古代史が解けていきます。
■そして、この究極が…、

「阿蘇」…、 そして、 「九州」

あなたは何と読みますか?

この地名の背後に、日本の古代史の全ての謎が隠されています。
日本の皇室がなぜ、由緒ある血縁なのか…、その謎が解けます。


---------------------------------------
⇒⇒⇒⇒古代史BOOK/倭国誕生



不思議の古代史 古代史BOOK  ⇒日本のピラミッド  ⇒神代の残像  ⇒神代の残像神社編

ページのTOPへ