不思議の古代史 古代史BOOK  ⇒日本のピラミッド  ⇒神代の残像  ⇒神代の残像神社編

古事記の神々のペースが、聖書であることをご存知ですか。
それは、古事記そのものに表われているのですが、
これに気付いた有知識者がいたのでしょうか?
古事記は、その序文によれば、和銅五年(七一二年)に太安万侶が編纂し、元明天皇に献上された。
  その内容は、神代の天地の始まりから推古天皇時代に至るまでの、神話や伝説などを含む様々な出来事が紀伝体で記載されている。
現存する日本最古の歴史書とされているが、事実の歴史書なのか、宗教書なのか、その解釈には様々の疑義がある。
そして、ここに興味深い一説がある。
古事記が、じつは、「聖書の日本語版」ではないかと云うのだ。過去には、インターネット上で根本某氏がホームページで発表していたが、サーバーが二〇一六年十一月を以ってサービスを終了したため、現在は閉鎖されている。

そこで、本章では、古事記で記される神々(国生みを含む)と、聖書創世記で現われる人々を比較検証してみた。興味のある方は、本章でまとめた一覧表と、古事記、および、聖書の記述とを比較して確認して戴きたい。
この続きは、PDFファイルでご覧ください。
こちらから取得してください。


不思議の古代史 古代史BOOK  ⇒日本のピラミッド  ⇒神代の残像  ⇒神代の残像神社編

ページのTOPへ