巨石遺構はヒラミット=竹内巨磨=

●竹内文献のピラミッド山は、黄金分割東経線に存在する?

<注>※竹内文書を研究されている方へ

【古代史BOOK新刊!】
紀元前三世紀から有史八世紀まで…邪馬台・卑弥呼の古代史が解ける!
➡ 竹内文献が記した記録
…ヒミコの陵墓は八幡山連峰に存在した…蘇えるヒメコ伝承


無料PDFファイル
資料/古事記概要
 国生み神話
神代の残像で何度も出てくる古事記国生み神話の概要です。
無料E-BOOK案内➡こちらのページでどうぞ。

この程度の知識があれば、神代の残像本編を理解できるでしょう。手元に置いて本編を読み進んで下さい。  お申し込みは⇒コチラから


スマホ版⇒竹内文献
リンク⇒●竹内文献は偽書か?

<書籍案内>
武田 崇元 /編集/定本 竹内文献¥7,800/八幡書店

<関連書籍ご紹介>
神代皇統譜、別記古文書、竹内家系図史料、南朝秘録、臣家古文書など、竹内文献の未公開文書をすべて網羅。
かつて越の国、御皇城山(おみじんやま)に宇宙の彼方から原形魂ハダマが漂着した。大空を翔る天之浮船…不思議なエネルギーを発する謎の金属ヒヒイロカネ…壮大な超古代伝承を核心とする竹内文献の神秘の全貌をはじめて公開する画期的な極秘資料集!
昭和46年に「神代秘史」全3巻として発売された竹内文献の元祖発行元が要約版として編集したものです。46年版は絶版となっているので、これが竹内文献を知るうえでもっとも原本に近いものです。


<注>※竹内文書を研究されている方へ



■サイトのMENU

リンク